AppleのAirPodsが入手できないことがきっかけで、転売屋のことを調べているうちにAmazonの出品サービスのことを知りました。
あまりに簡単に個人が小売業を始められるので驚きました。

Amazonから買っているつもりが・・・

Amazonで買い物をしていて、Amazon以外からも商品が買えることは以前から気づいていました。
でも、ジュースや古本などAmazonが取り扱っていない商品でない場合を除きAmazonから買っていました。
やはりAmazonから直接買った方が安心だからです。

ところが、いつの間にかAmazonから買っているつもりなのに、他のお店から買っている場合があることに気づきました。
商品の説明ページで「カートに入れる」ボタンを押しているだけなのに、Amazon以外の店から買うことになっているのです。
もし、Amazonから買いたい場合は、店のリストを開いて自分でAmazonを選ばなければなりません。

どうも安い店を優先して表示しているようです。
便利といえば便利なのですが、気付かないうちに得体の知れないお店から買わされているというのは不安です。
SDカードなどは、品質の悪いニセ物が混ざっていると言われていますが、本物かニセ物かをシロートが見分けるのは至難の技です。

Amazonで買い物をするときは、販売元がどこなのか確認するようになりました。

Amazonの出品サービスなら簡単に商売を始められる

否定的なことを書きましたが、個人が簡単に商売を始めることができることに驚きました。

ネットショップでも実店舗に比べれば簡単ですが、ショッピングサイトを作ったり、集客したりといろいろと手間が掛かります。
楽天のようなショッピングモールに出店すれば多少は手間は省けますが、それでも大変です。

ところが、Amazonの出品サービスを使えば、とても簡単です。
商品の紹介ページは既にあります。
商品カートや決済の仕組みもあります。
集客はAmazonがすべて行ってくれます。
手数料を払えば商品の保管、発送もAmazonが行ってくれます。

良い商品を安く仕入れられれば、誰でもすぐに商売を始めることができるのです。

個人が商売を始めやすくなれば社会が明るくなるかもしれない

今の日本では、会社などの組織に入らなければお金を得ることは難しく、組織に所属すると我慢しなければならないことがたくさんあります。
組織から離れてしまうと収入が下がってしまうので、多少苦しくても我慢するしかありませんでした。

でも、Amazonの出品サービスのような仕組みが拡がれば、個人が簡単にビジネスを始められることができ、個人の組織への依存を小さくすることができるのではないかと期待しています。

ベトナムでは、仕事がなければ道端でバイクタクシーや物売りを始めます。
そうやって何とか食べていけると思っているから、将来の保証がなくても、みんな明るいのではないかと思います。

日本も、個人が商売を始めやすくなれば、将来への不安が減り社会が明るくなるのではないかと思います。