この頃、安いご飯を探すのに夢中です。
バックパッカーの節約自慢みたいで不毛な気もしてますが、とにかく夢中です。
ただし、安くても同じ店に通うのではなく、新しい店を開拓していくのがマイ・ルールです。

100円で定食が食べられる

上の写真はコムビンヤンと呼ばれている大衆食堂です。
ご飯に好きなおかずとスープで2万ドン(約100円)で食べられます。
もし、学生なら1万8千ドン(約90円)です。

おかずは20種類ほどが並んでおり、好きなものを指差しすればよそってもらえます。

頼めばテイクアウトにも対応してもらえます。

こちらもコムビンヤンです。
値段は前の食堂と同じ2万ドン(約100円)です。

こちらはフォーやブンなどの麺の店です。
なぜか定食よりも麺類の方が値段が高く3万ドン(約150円)します。

ベトナム人の妻には理解されない

出張で来ていたときは、食中毒になるのが怖くて現地の人が行くお店で食べるのは避けていました。
今は気にせずに食べることができるので、いろいろな店に食べに行っています。

幸いなことにお腹をこわすことはありませんが、不味い店にはよく当たります。
安そうなところを狙って行っているので、当然と言えばそれまでですが・・・

昔の日本では、個人経営の食堂がたくさんあり、不味い店もたくさんありましたが、最近は大手チェーン店に押されてなくなってしまいました。
ベトナムでは未だ個人経営の食堂が主体なので不味い店がたくさん残っています。
そのような店を避けて美味しくて安い店を探しだしたときは本当に嬉しいです。

嬉しさのあまり、ベトナム人の妻に自慢するのですが、妻はあきれた顔をしています。