オフショア開発とは

オフショア開発とは、WEBシステム、Windowsアプリケーション、スマートフォンアプリなど、システム開発を海外のソフトウェア開発会社に委託することを指します。
主に海外の安い人件費によるシステム開発コストの低減を目的として拡大してきました。
オフショア開発の委託先は、かつては中国、インドの比率が高かったのですが、両国の経済発展に伴う人件費高騰により、現在ではベトナムが主流となっています。

オフショア開発のメリット

システム開発コスト削減

オフショア開発のメリットは、なんといってもシステム開発コストの削減です。
人月単価が国内技術者の2分の1から4分の1に低減できます。
オフショア開発を適用することにより、オフショアチームの管理や納品物の検収に費用が掛かるため、単純にシステム開発のトータル・コストが2分の1から4分の1になるわけではありませんが、かなりの原価削減効果が見込めます。

優秀な技術者の確保が容易

オフショア開発が盛んな国では、ITエンジニアは憧れの職業です。他の職種よりも高い給与がもらえるからです。そのため、国立大学の情報工学科は、医学部の次に入るのが難しいと言われ、国中から優秀な頭脳が集まっています。
優秀なエンジニアを日本国内で採用するのは大変難しくなっていますが、オフショア開発では比較的簡単です。彼らはオープンソースを用いた開発やスマートフォンアプリの開発など、国際標準の基づく開発でとくに力を発揮します。

ベトナム・オフショア開発の魅力

勤勉で親日的な国民性

ベトナム人はとても勤勉で真面目なので、国民性が似ている日本人との相性がとても良いです。
手先が器用で細かい仕事に粘り強く取り組みます。
非常に親日的で、日本人に対して非常に良いイメージを持っているので、快適なコミュニケーションを取ることができます。
また、反日デモなどの政治的なリスクを心配せずに仕事を依頼できます。

若い豊富な労働力

ベトナムの平均年齢は30.9歳で、日本の46歳よりも非常に低い水準で推移しています。
ベトナムの人口は2019年4月の国勢調査では9,620万人で、政府の予想では2030年までに1億人を突破する見通しです。
そのため若くて優秀なITエンジニアを安定的に供給することが可能です。

国策でIT技術者を育成

ベトナム政府は、人材育成戦略における重点分野にITを指定しています。
大学など教育機関へ活発な支援を通じて2020年中にITエンジニア数を100万人まで増やすことを目標としています。

オフショア開発失敗事例

発注側としてオフショア開発に携わっていた際に経験した失敗事例をまとめましたので、ぜひご覧ください。

お問い合わせ

弊社に関するご質問、案件のご相談、見積りのご依頼、TV会議のお申し込み、は「お問い合わせ」フォームよりお問い合わせください。

オフショア開発一般に関するご質問、ベトナム現地見学のお申し込みなどもお気軽にお問い合わせください。