最近、欲しいものが全然手に入らなくなりました。
具体的には、AirPodsやPSVRなどです。
いつまで経っても市場に出回りません。

短くならないAirPodsの出荷待ち期間

AirPodsというのは、Appleが開発したWirelessのヘッドセットです。
去年の12月に発売となり、もう半年が経つというのにApple Storeでは出荷まで6週間待ちです。

発売直後は「たかが、アクセサリ製品だから少し待てば即日出荷になるだろう」とタカを括っていました。
ところが、出荷までの待ち時間が全然短くなりません。

「さっさと申し込んで6週間くらい待ってればいいだろ。」と言われそうですが、私は仕事の都合で日本とベトナムを行き来しており、6週間先だと日本にいるかどうか分からないのです。

さすがにおかしいと思い、調べてみたら転売ヤーが原因だということが分かってきました。

転売ヤーの手口

Apple AirPodsで検索すると、転売ヤーたちがAirPodsの転売で儲けていることを自慢しているブログがいくつも見つかります。

Apple Storeへは、店舗で直接販売する分が割り当てられており、入荷直後であれば予約していなくても買うことができます。
転売ヤーたちは、店舗在庫を監視して入荷すると直ぐにWEBから店舗受け取りを申し込んで品物を確保します。
これをApple Storeの各支店に対して行うので、一度の入荷で何台かのAirPodsを転売することになり、2万円弱の利益を手にしているようです。

在庫監視は一見大変そうですが、入荷があると知らせてくれるTwitterがあるので簡単です。
ただし、入荷から売り切れまで数分間しかないので、いつでも注文できるように準備しておくことが必要です。

ささやかな抵抗

世の中には、高い値段でも構わないから早く品物を手に入れたいという人がいます。
そのような人たちに転売して利益を得ることが一概に悪いこととは言えません。

でも、いつになってもAirPodsが手に入りそうにないので本当に困っています。

転売ヤーからプレミア価格で買えば良いのですが、それでは益々彼らの活動を活発にしてしまいそうです。

せめて、転売ヤーから買わずに正規のルートで製品を手に入れることで、転売ヤーたちの動きにささやかな抵抗をしたいと思います。