海外出張に行くと日本のTVが恋しくなります。
せっかく海外まで来ているのだから、TVなんか見ているなと言われそうですが、夜寝る前や朝起きたばかりの時に日本語の放送を見ているとホッとします。
ところが、日本語の放送が見られないホテルが非常に多いんです。

NHKの海外向け放送

NHKの海外向け放送は、NHKワールドとNHKワールド・プレミアムの2種類があります。

NHKワールドは、外国人向けに日本を紹介するのを目的としており、ほとんどが英語です。
NHKワールド・プレミアムは、海外に住む日本人や旅行者向けの放送で、日本語の放送が主ですが、有料で視聴するためにはNHKと契約する必要があります。

英語が苦手な私は、NHKワールド・プレミアムを見たいところですが、契約しているホテルは少ないのです。
ベトナムや中国では、5つ星ホテルでも視聴できないところがありますし、中級ホテルはほぼ全滅でした。
インドは未だ視聴できるホテルに当たったことがありません。
おそらく日本人の客が少ないホテルは、高級なところでも契約していないところが多いようです。

自国語放送は当たり前

日本語放送が見れないときは、仕方がないので他のチャネルを見ているのですが、他の国は自国語放送を行うのは当たり前のようです。

ドイツ、フランス、中国、韓国、タイなど、他の国はどの国も自国語で放送しています。
日本だけ有料放送にするのはなぜなのでしょうか?
無料にすれば良いと思います。

受益者負担の問題はあるかもしれませんが、私は日本で受信料を払い続けています。
他の出張者の方も同じでしょう。
海外在住者や外国人の方が無料になるという問題はありますが、日本の情報を世界に発信していくという目的もあるので、無料でも構わないと思います。

紅白歌合戦などの歌番組やドラマなど、権利が問題になりそうなコンテンツは、従来通り、NHKワールド・プレミアムで有償で提供すれば良いと思います。

いっそ受信料は止めて税金で運営すれば

今、インターネット上に番組を配信することが予定されており、それに伴い、ネットのみでNHKを視聴する人から受信料をとることが検討されているそうです。

現在、TVを持っていない人は受信料を払わなくても済んでいますが、将来はスマホやPCを持っていると受信料を支払わなくてはならなくなりそうです。

TVを持っていても「NHKは見ていない」と言い張って受信料を払わない人がいるそうですが、同じように「このスマホでNHKは見ていない」という人が増えそうです。
NHKの視聴をできなくするようなアプリが登場するかもしれません。

それにしても、こんな面倒なことを考えるのならば、受信料はとらずに税金でNHKを運用すれば良いのにと思います。

既に国の干渉を相当受けており、今さらNHKに公正中立な報道を期待している人などいないと思います。
税金にした方が、滞納する人が少なくなり、不公平感が小さくなると思います。

それと番組のネット配信を始めるときは、海外からの視聴を極力制限しないようにしてほしいと思います。