ベトナムに長く滞在していても、どうしても慣れることができない習慣があります。
私が居候で、こちらがベトナム人に合わせなければならないことは重々承知しているのですが、どうしても合わせることができません。
そのひとつがほくろに生えてきた毛を伸ばす習慣です。

金運向上

ベトナム人は、ほくろから毛が生えてくると剃ったり抜いたりはしません。
毛を伸ばしていると金運が向上すると信じられているからです。

おじさんやおばさんが伸ばしているのであれば、あまり気にならないのですが、若い人、とくに女性がほくろの毛を伸ばしているのは慣れることができません。

新人の日本語コミュニケータ

私が発注したプロジェクトに、大学を卒業したばかりの日本語コミュニケータが配属されました。
彼女は、小柄でとても可愛い人だったのですが、あごのほくろから5cmほどの毛が生えていました。

すでに金運向上のためだと知っていたので、とくに何も言わなかったのですが、打ち合わせで彼女が話すたびにどうしてもほくろの毛に目が行ってしまい、打ち合わせに集中することができず大変困りました。

一緒に打ち合わせに参加した同僚は、全然その子のことを気にしている様子はなかったので、休憩の時に聞いてみました。

私 「コミュニケータの子のほくろに毛が生えていたよね。」
同僚「そうそう。気になって仕方がなかったよ。」
私 「やっぱり。でも、全然気にしてるそぶりはなかったよ。」
同僚「だって、じっと見たりしたら失礼じゃない。」

気にしているのは私だけではないと分かってとても安心しました。
それから何度か打ち合わせを行ったのですが、彼女が話すたびにほくろの毛に目がいってしまいました。

消えたほくろの毛

1ヶ月くらい経った頃、オフショア開発の打ち合わせのために、再びホーチミンを訪れると、新人コミュニケータのほくろの毛はなくなっていました。
おそらく自然に抜けてしまったのでしょう。

それを見たとき、ちょっとがっかりしたのを今でも覚えています。