ベトナムの路上では、こんなことが商売になるのかと首を傾げたくなる店や屋台があります。
写真に写っているのは、ミシン1台だけで商売をしている仕立屋さんです。

仕立屋さんといっても、服のちょっとした修理が中心のようです。
後ろには、たくさんの端切れが積まれています。

店の横を通るたびに様子を伺っていましたが、いつもお客さんはいません。
「こんな商売で生活していけるのかな」と心配していましたが、今日はお客さんらしき人が小さな椅子に座っていました。

日本では、服の修繕を行ってくれる店はあまりありません。
私が着ると、スーツの袖がすぐに擦り切れてしまうのですが、家の近くに修繕の店がなかったので、もったいないと思いながらも、新しいスーツに買い替えていました。

ベトナムでは、仕立屋さんがたくさんあり、ちょっとした直しなら料金も5万ドン(約250円)前後と安いのでスーツを長持ちさせることができそうです。