ビザ免除証の更新手続きがどうもうまくいきません。
私の妻はベトナム人なので、ビザの代わりにビザ免除証というものをもらうことができます。
通常のビザは最長3年ですが、ビザ免除証は5年で発行手数料も安いので、私はビザ免除証を発行してもらっています。

これまでのビザ免除証の更新では、日本のベトナム大使館で発行してもらった結婚証明書で問題なかったのですが、今回の更新ではホーチミン市内の区役所に結婚の届け出をしたうえで、そこで発行した結婚証明書が必要と言われました。

結婚した時に妻は日本に住んでいたので、日本のベトナム大使館に結婚の届け出を行い、子供ができた時もベトナム大使館の発行した結婚証明書で問題ありませんでしたし、ビザ免除証の更新も普通に行っていました。

ところが、今回結婚証明書の発行を申請すると、区役所の職員に結婚の届け出を出せと言われてしまいました。

いろいろと言いたいことはありましたが、ここはベトナムです。
法律や規則で決まっていないことがたくさんあり、担当者により言うことが変わることは日常茶飯事です。

文句を言っても仕方がないので、区役所の職員が言う通りに、日本で戸籍謄本を取り、ホーチミン総領事館で日本で結婚証明書を取りに行って、それを翻訳・認証してもらって、区役所に結婚届けを出しに行きました。

相手は、初回と同じ職員です。
これでどうだと集めた書類を出しました。

それを一通り確認した後、なんと職員は「これで届け出を受理するかどうかは分からない」というのです。
「あなたの言う通りの書類を集めてきました。何か不足や不備がありますか?」と聞くと「審査に6日掛かる。それが終わらないと分からない。」と答えました。

「何を今さら!!!」と思いましたが、やはりここはベトナムです。
あきらめて審査が終わるのを待つしかありません。

初回は職員は非常に高飛車な態度だったのが、2回目は妙に塩らしかったのが気になります。
何か要求し忘れたものがあって、審査は通らないことが分かっているのではないかととても心配です。