私は外国語はできません

ベトナム人と結婚してから「ベトナム語が話せるんですか」と聞かれることが多くなりました。
その度に相手の期待を裏切るようで申し訳ない気持ちになってしまいます。私はベトナム語どころか英語も話せないからです。

昔はベトナム語を勉強しました

こんな私ですが、ベトナム・オフショア開発を始めた頃はベトナム語を一生懸命勉強していました。
生まれて初めて語学の本を最後まで読み終えました。英語だと中学2年レベルの文法と約1,000語の単語を習得したくらいだったと思います。

そして待ちに待ったベトナム出張の機会が訪れました。訪問初日の会議の場で、発注先のエンジニアたちに覚えたてのベトナム語で話しかけました。
みんな喜んでくれるものとばかり思っていましたが、反応がありません。
するとコミュニケータが通訳を始めました。
コミュニケータは、私のベトナム語をベトナム語へ翻訳し始めたのです。
それから2、3フレーズを話してみたのですが、私のベトナム語はエンジニアたちにはまったく通じませんでした。
すべてベトナム語→ベトナム語翻訳されてしまいました。

会議の後で、コミュニケータは「みんなは外国人のベトナム語に慣れていないので分からなかったのです」と慰めてくれましたが、要は発音がまったくダメということでした。

ベトナム語は発音に関してとてもシビアで、少しでも違っているとまったく通じません。
しかもベトナム人は厳しい人が多いのです。
ちょっとでも発音が違っていると「それは違う」とはっきり指摘されます。
人によっては、「俺の言う通りに発音してみろ」とその場で復唱させられます。
考えてみると、何と間違えているかが分かったのだから、こちらの言いたいことは伝わっているはずです。
日本人ならお世辞にしても「おお、お上手ですね」と言ってもらえるところですが、ベトナム人はぜんぜん褒めてくれません。

その出張の間中、知らないタクシーの運転手やお店の店員などからダメ出しされ続けて、完全に心が折れました。
今は開き直って英語すら使わず、日本語と身振り手振りでコミュニケーションをとっているのですが、なぜか英語やベトナム語よりも通じています。
ちなみに周りに日本人はほとんどいない地域に住んでおり、日本語が話せるのは妻だけです。

今年はベトナム語に再挑戦します

昨年から日本とベトナムを行き来するようになりました。
さすがに身振り手振りだけでは厳しい場面も多くなってきました。

そういうわけでベトナム語の片言くらいは話せるようにもう一度勉強しようと思います。
今度は、発音からしっかりと学ぶつもりです。