オフショア開発の発注先の選定や発注後の仕様の説明などでベトナム出張をする機会があると思います。
そのときに注意したいことを書いていきます。
今回は空港からタクシーに乗るときについて記述します。

ベトナムのタクシーは基本的に安全

最初に誤解のないように言っておきますが、ベトナムのタクシーは基本的に安全です。
とくにマイリン(MAI LINH)タクシーー、ビナサン(VINASUN)タクシーなどの大手に乗れば安心です。多少遠回りをする不届きな運転手もいるかもしれませんが、せいぜい数百円の損害で済みます。


マイリン(MAI LINH)タクシー


ビナサン(VINA SUN)タクシー

以前は、メーターを倒さないで多額の運賃を請求してくる運転手がたくさんいました。
また、大手業者のタクシーそっくりの偽物のタクシーがよく走っていました。このようなタクシーはメーターが改造してあり、すごいスピードで運賃が上がっていきます。

でも今はそんなタクシーはいなくなりました。

空港のタクシーだけは要注意

ただし、空港のタクシーだけは要注意です。
ホーチミンのタンソンニャット空港の出口には、たくさんのタクシーが停まっていますが、ほとんどはAIRPORTタクシーです。空港御用達の業者みたいだと信用して乗ってしまうのですが、実は彼らが一番悪質です。
乗ってもメーターを倒さず、いきなり高い金額を要求してきます。高過ぎると文句を言うと、凄んできたりします。

空港の外まで行けば、安全なタクシーがたくさん走っているのですが、タンソンニャット空港は歩いて出入りするのが非常に大変です。
それでボラれると分かっていてもAIRPORTタクシーに乗ってしまうことが多いです。

白タクにはとくに注意

深夜にタンソンニャット空港に到着した日のことです。
その日もすっかり疲れていて、早くホテルに行こうと呼び込みのおじさんについていきました。
すると駐車場に連れて行かれて、普通の乗用車に乗れと言われました。
危ないので、乗る前に値段を聞くと15ドルと答えました。そんなに高くありません。
ちょっと怪しい感じはしましたが、戻ってタクシーを捕まえるのは面倒なので、そのまま車に乗りました。

空港と目的地の中間くらいまで来たときのことです。
いきなり運転手が話しかけてきました。

運転手「運賃は30ドルだよ。」
私  「15ドルと言っていたよね。」
運転手「違う。30ドルだ。」

失敗したとは思いましたが、後の祭りです。
私は、渋々了解しました。

やっと目的地について30ドルを渡そうとすると、運転手は足りないと言ってきました。
私  「さっき30ドルと言っていたよね。」
運転手「そうだ。1人30ドルだ。2人だから60ドルだ。」

腹わたが煮えくり返る思いがしましたが、黙って払いました。

みなさんも白タクにはお気をつけください。

なお、ハノイのノイバイ空港にも何度か行きましたが、タクシーはまったく問題ありませんでした。
呼び込みの人に乗せられて市内まで行きましたが、正規料金でした。