写真のMINISOという店をホーチミンのあちこちで見掛けるようになりました。
雑貨屋らしいのですが、ユニクロのようなダイソーのような。
でも、日本では見たことも聞いたこともありません。

正体がよく分からなかったのですが、最近やっと中国資本の会社が経営していることが分かりました。

以前から日本語を使って日本製品のフリをする中国製品はたくさんありましたが、このMINISOという店はもう少し手が込んでいます。

ちゃんと日本に会社を設立しているというのです。
ただし、日本には2〜3店舗しかなく、日本でビジネスを展開するためというよりも、日本企業であることを名乗るために日本に会社を設立したようにも見えます。

ベトナムの人たちは、完全に日本の企業だと思い込んでおり、大手新聞社も日本企業として紹介していました。
日本製だと信じて中国製を買わされているベトナムの人たちがちょっと可哀想です。